あるきみな ARUKIMINA

書家と絵描き 二人がおりなす物語
『あるきみな -ARUKIMINA-』

書家・三浦葵泉(きせん)、絵描き・渡辺明子、二人の沸きあがる想いからうまれた、絵と書のコラボレーション『あるきみな』。

テーマは、二人の奏でる光と闇。暗闇の中で輝く光、まばゆい世界の片隅に宿る闇。
そんな心の奥底の記憶を呼び起こす世界。
柔らかなあなたの心の扉と響きあう、そんな一枚をクリックしてみてください。

<画像をクリックするより大きく、鮮明に『あるきみな』の世界を観ることができます。>

『あるきみな』に込めた思い

絵描きの明子の「あ」
書を書く葵泉(きせん)の「き」
葵泉(きせん)のもう一つの名、美鈴(心の言葉を奏でる人)の「み」
暗闇の中、やわらかな光で照らす月「るな」。

そして、歩きながら、世界を見ながら、私たちの速度で進んでいこう、 そんな思いをこめています。




あるきみな をお手元に。。。!あの方に、、、^^と思いましたら、

≪世界で一つだけの作品ご依頼方法≫

あるきみな(ARUKIMINA)の作品は一枚一枚、三浦きせんが自筆で書き上げたものです。

★HP上に載っている作品がそのまま欲しい方

ポストカードsize 1,000円
A4        2,000円
A3        4,000円

(一点ものの作品のため、在庫に限りがございます)

★オリジナルの言葉を入れてほしい方

HP上の渡辺明子の絵に自分の好きな言葉を書いてほしい!
または、こんなシーン(記念日・誕生日etc)にあうことばを、、、という方も あるきみなが「こんな言葉はいかがでしょう?^^」とご提案いたします。 世界で一つだけの喜びのお手伝いをいたします。

ポストカード 1,500円
A4      3,000円
A3      5,000円

※価格は税込み、送料込みです

お問合せ・ご質問

お気軽にお問合せください。
お問い合わせ・ご質問はこちらまで
  arukimina2018☆gmail.com(☆を@に変えて送りください)





アーティスト プロフィール


書: 三浦葵泉(きせん)(三浦きせん書道教室)

書道を学び続ける中で、書には様々な書体がある。
凛とした中に自由があることを知りました。
様々な書体の引き出しをスムーズに開けることが出来る、嬉しさ、楽しさ、学ぶ喜びに魅了され今も筆を取り続けています。
私の悪戦苦闘の珍道中の日々は「自分と向き合う大切な時間」でもありました。
書道教室を通してそんな自分と向き合う心の架け橋となることを願って書道教室を開いています。

専門は仮名書道。
高一の時に、高校生総合文化祭書道部門、秋田県代表に選ばれる。
2014年 高校生大学生書道展 漢字の部:大賞。仮名の部:展賞
2014年 神戸県知事賞受賞
読売書法展、特選、入選多数。日展出品。
三浦きせん書道教室ブログ
三浦きせん書道教室FaceBook


絵: 渡辺明子

秋田の自然や旅先で見る自然の風景からインスピレーションを受けて、《静けさ》と《優しさ》をコンセプトに絵を描いています。
忙しい日々の中、立ち止まって本来の自分に立ち返る‘ニュートラル’な状態、そしてそこから前へ一歩踏み出す・・・、
そんなイメージを込めて描き綴ります。

PCでのイラスト制作を経てアクリル絵を描き始める 
2015年 AIAA(秋田国際美術家協会)で韓国交流展参加
2013、2017年 二紀展入選
仙台、秋田で、個展、グループ展
夢見るCIRCUIT(サーキット) HP
アクリル絵ギャラリー あなたに還る場所 NUTRAL(ニュートラル) HP