表現者たちのディアローグ 2019.9.1

表現者たちのディアローグ

2019年9月、秋田・潟上市
「表現者たちのディアローグ」に参加します。
二部のピアノ組曲「マ・メール・ロア」に絵をつける担当です。

開催日時:
2019年9月 1日(日)
2019年9月14日(土)

「佐市コンサートシリーズ」

~表現者達のディアローグ~

~プログラム~

1、「佐市劇」SAiSON

~わたしの秋田、わたしの四季を巡って~
  作:加賀屋 淳

音楽:千田浩太による日本唱歌編曲

2、「朗読絵画劇」
 ~古い思い出の箱を開けると~

  音楽:ラヴェル作曲「マ・メール・ロア」

  ※絵画担当:渡辺明子

3、「心に想い描くあなたの物語」

  音楽:ピアノ独奏

お問い合わせは
千田佐市商店まで

https://www.artofficesaichi.com/

渡辺明子絵画展 2019.6/28-30

– 双子をめぐる夢の旅 –

fairy tale
fairy tale

~ ごあいさつ ~

この度は、渡辺明子絵画展のページを見ていただきありがとうございます。
今回の展示は、「双子の夢の旅」をテーマに描き貯めた作品を展示しています。 空想の世界ではありますが、作品を描き始めると、あることが私の世界観の根底 にあったことを感じました。
それは、小さい頃から慣れ親しんだ秋田の風景ーーー
広い空と田園、白銀の雪 景色、さざめく杉の林、海に沈む太陽、夜の闇と星空、淡い季節の移ろい、、 待ち遠しい春の訪れ、、体に染み込んでいる四季折々の風景でした。
県外から秋田に戻り、絵を描き始めたときに、自分の中に「秋田の景色」があったこと、その秋田で展示をできること、とても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
夢の世界の一端を、初夏の風と共に楽しんでいただければ幸いです。

双子をめぐる夢の旅

いつ会えるのか
どこで会えるのか
わからない。
だけどいつかどこかで、必ず出会える。
そんな思いを胸に、それぞれの旅を続けるふたり。

過去、未来、暗闇、光の中、
時にすれ違い、時に永遠の隔たりを感じる。
だけど夢の中では、ほら、すぐ側にいる・・・
時空を超え、姿を変え、
長い長い旅の末、
ふと隣には、夢で出会ったもうひとりの姿が。

やっと出会えた ふたり。
これは、あなたと大切な誰かの物語、 なのかもしれない。

なぜ双子の旅なのか?

私の中にはいつもふたりのキャラクターが存在していました。
旅がテーマの絵の中で、時にひとり、時にふたりで登場する彼らを、
永く意図していないところで描き続けていました。
ひとりの時も、ひとりではない。
どこかで繋がる ‘もうひとり’ を意識する彼ら。
親友よりも、恋人よりも強い魂で結ばれているような、不思議な存在。
それは、双子のようなふたりなのではと思い、
今回のテーマとしました。
(作者が〝双子座〟のせいもあるかもしれません)

新たな展示会に向かう度に、描きたいもの、世界の色も変化していきます。 最後はどこに行き着くのだろう。 双子とともに、私自身の旅もまだまだ続きます。

渡辺明子
2019年4月吉日

日程&会場

日時:2019年6月28日(金)〜30日(日)
   11時〜18時(最終日17時迄)

会場:ココラボラトリーギャラリー
   〒010-0921 秋田市大町3-1-12
   川反中央ビル1F
   TEL. 018-866-1559 URL. http://cocolab.net

2018.9.22 ピアノと絵画で紡ぐクラシック音楽

今度は、ピアノとコラボさせていただきます~~♡
ピアニスト・千田浩太さんのピアノにあわせて絵をスクリーンで上映&ギャラリー展示を行います。
海をテーマにしたいくつかのピアノ曲をイメージして絵を描かせていただきました。

パリで修行をしてきたピアニスト・千田浩太さんのピアノが楽しみ!!!

日程:9月22日(土)
場所:秋田県潟上市圓福寺 時間:18:00開演

9月グループ展「個々展」in 奈良 2018.9.22

FBの絵画グループで知り合いになった
奈良の画家・前川友一さんからお声掛けいただき、
グループ展に出品させていただくことになりました。
奈良や関西でご活躍の作家さん11名によるグループ展です。

秋田から奈良・・
FBが無ければつながらなかったご縁!
インターネットのすごさと、ご縁のありがたさを感じております。

9月22日(土)~24日(月)「個々展」グループ展
ギャラリー アンジュ -生駒 にて。

筆使い2人の『絵と書のコラボ展』2018/4/28-30,5/2-4 in秋田

– 展示会のお知らせ –

2018年春、渡辺明子、三浦葵泉の二人展を開催します。
絵筆と書筆をにぎる2人による、絵と書のコラボレーション展です。

秋田の自然や旅をモチーフにした静かな絵たちと、
流るるような美しい書とを、様々な試みのもと展示いたします。
活き活きとした書道教室の子供たちの作品も。
思い思いの世界をお楽しみ下さい。 平成30年2月吉日 渡辺明子×三浦葵泉

– 開催時間&場所 -(入場無料)

五城館(南秋田郡五城目町)
4月27日(金)~30日(月) 10:00-17:00(27日は午後13:00より)



里暮らし体験塾(男鹿市)(なまはげ館隣り)
5月2日(水)~4日(金) 8:30-17:00(最終日は-16:00迄)


能代厚生医療センター1F奥 廊下ギャラリー(能代市)
渡辺明子 5月10日(木)午後~28日(月)午前
三浦葵泉 5月28日(月)午後~6月11日(月)13時迄
24時間 (搬入・搬出日は時間不確定)

 

– メッセージ&プロフィール –

絵描き
渡辺明子

秋田の自然や旅先で見る風景からインスピレーションを受けて、「静けさ」と「優しさ」をコンセプトに絵を描いています。
忙しい日々の中、立ち止まって本来の自分に立ち返る‘ニュートラル’な状態、そしてそこから前へ一歩踏み出す・・・、
そんなイメージを込めて描き綴ります。

PCでイラスト制作を経てアクリル絵を描き始める 
2015年 AIAA(秋田国際美術家協会)で韓国交流展参加
2013、2017年 二紀展入選 仙台や秋田で個展
> NUTRAL -あなたに還る場所- HP
> 渡辺明子FaceBook

書家 
三浦葵泉(三浦きせん書道教室)

書道を学び続ける中で、書には様々な書体がある。
凛とした中に自由があることを知りました。
様々な書体の引き出しをスムーズに開けることが出来る、嬉しさ、楽しさ、学ぶ喜びに魅了され今も筆を取り続けています。
私の悪戦苦闘の珍道中の日々は「自分と向き合う大切な時間」でもありました。
書道教室を通してそんな自分と向き合う心の架け橋となることを願って書道教室を開いています。

専門は仮名書道。
高一の時に、高校生総合文化祭書道部門、秋田県代表に選ばれる。
2014年 高校生大学生書道展 漢字の部:大賞。仮名の部:展賞
2014年 神戸県知事賞受賞
読売書法展、特選、入選多数。日展出品。
> 三浦きせん書道教室ブログ
> 三浦きせん書道教室FaceBook